スピリチュアル

陰陽夜話

はじめの一行

清明は武力を使わず人を救う

夢枕 僕は荒俣さんがまだ団精二と名乗っていたころからお書きになっていたものを愛読していました。じつはかなり以前から荒俣さんが安倍晴明のことをお書きになったり、紹介なさっているので、これは美味しい、いつか使おうと思っていたんです。荒俣さんが安倍晴明に惹かれたきっかけはそもそも、何だったんですか。

荒俣 安倍晴明に関心を持ったのはかなり昔です。昭和六〇(一九八五)年ごろですかね。当時はサラリーマンを辞めたばかりで、これから先どうしようかと途方に暮れていたころでした。そんな時、たまたま平凡社というところで百科事典を作るから助手で来いというので連れていかれたんですが、ここでカルチャーショックを受けたんですね。

陰陽夜話(夢枕 獏, 岡野 玲子, 旭堂 小南陵, 荒俣 宏, 河合 隼雄 , 小松 和彦 )

本書は特段のまえがきらしいものも見当たらず、いきなり対談が始まります。「陰陽師」という小説が大ヒットした夢枕獏さんと、やはり「帝都物語」が大ヒットした荒俣宏さんの対談からスタート。いきなりの豪華な布陣です。ある意味これだけで、引きは十分かもしれません。

本書の内容

陰陽師 安倍晴明とその周辺に関する様々なお話し

私はたまたま本書をブックオフで見つけまして、特に中身を見るでもなく安かったのでそのまま買ってしまいました。何しろ著者の名前がすごい。
冒頭に出てきた夢枕獏さんに始まり、荒俣宏さん、そしてユング心理学の大家である河合隼雄先生。他のメンバーの方は私はあまりよく知らないのですが、まあこの布陣の中におられるのですから、そうとうな方々なのだろうと思います。

本書の中身としてはまさに、陰陽師安倍晴明とその界隈の話を、様々な人が様々な角度から論じるという、トークセッションを活字にした形になります。だから系統立てた知識としての安倍晴明というわけではないのですが、彼らがそれぞれに研究した経緯が語られるので、本書の中に安倍晴明の断片がちりばめられている、といった印象です。そもそも私は、安倍晴明が今ほど有名になってからしかその名前を知らないわけですが、実際にはそれまではあまり光の当たらない人だったようで。あるいは夢枕獏さんの小説がそのブレイクのキッカケのようです。件の小説に出てくる源博雅という人物も、架空の人物かと思いきや、実際に記録に残っているという話なんかもありまして、その世界観の深みをあらためて感じます。

これを読んだ後に、陰陽師や帝都物語あたりを読み込むと、けっこうおもしろいかもしれませんね。

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はこちら

心がつながるのが怖い 愛と自己防衛 (心理療法士イルセ・サンのセラピー・シリーズ)前のページ

人生をひらく不思議な100物語次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. ある犬のおはなし
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 成長マインドセット
  5. はじめに

関連記事

  1. スピリチュアル

    ”それ”は在る―ある御方と探求者の対話

    はじめの一行本文よりあなたはこれまで知らずに生きてきた。知…

  2. 夢枕獏

    陰陽師(おんみょうじ)

    はじめの一行映画化もされた陰陽師と言えば、野村…

  3. スピリチュアル

    「私は結果」 原因の世界への旅

    はじめの一行まえがき欲張りかもしれませんが、私は世界のしくみが…

  4. スピリチュアル

    不思議の科学 (3)

    はじめの一行まえがき「私の歳かい? まだ、一四五歳だよ」私…

  5. スピリチュアル

    運命を変える未来からの情報 改訂版—奇跡の予知術が人生を強運にする

    はじめの一行序章 運命は決まっていて、しかも変更できる!?未来…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. バズ部

    10倍売れるWEBコピーライティング
  2. ビジネス書

    あなたの会社が90日で儲かる-―感情マーケティングでお客をつかむ
  3. ノンフィクション

    われわれはなぜ嘘つきで自信過剰でお人好しなのか 進化心理学で読み解く、人類の驚く…
  4. ノンフィクション

    ミライの授業
  5. つのだじろう

    恐怖新聞(6)
PAGE TOP