小説

妖の華

はじめの一行

第一章

その昔、大川と呼ばれた川。駒形橋から見下ろす隅田川。
紅鈴は今、その星もない夜空を映す黒い水面を眺めている。
左端は浅草の街の明かり、右端は首都高速の街灯に煌めいて見えるが、真ん中は広く、黒光りしている。その底のない暗さ、普遍の流れに、変えがたい安らぎを覚える。
「海は、広いな、大きい、な……って、川か」
銜えていたタバコから、新たにもう一本、火を移し点ける。
「ほらよ」
新しい一本は、そのまま川面に投げた。

妖の華(誉田哲也)

映画の始まり、イントロダクション的なシーンですね。
いきなりこの物語の中でも最も特徴的なキャラクター、紅鈴登場。
どんな物語が始まるか、気になりますね。

本書の内容

やたらと強い女

私が小説を読むとき、できることなら主人公にはハッピーエンドでいてほしいと思うし、ピンチがあるのもいいけどほどほどにしてもらいたい、と思うタイプです。そこそこ五体満足な状態で物語を終えていてもらいたいと思うのです。で、本書はというと、なんだか微妙な感じでした。

さて、本書の冒頭から出てくる「紅鈴」という女性。やたらと美しい黒髪の女性。彼女がおそらく主人公。で、彼女にはある秘密がある。
それとは別に、次々と起こる、何者かに喉をかみ切られたかのような遺体が出てくる殺人事件。こちらは死体を運んだような痕跡はないにもかかわらず、周囲に血が落ちていない。
この二つを掛け合わせると何が出てくるのでしょうか。そのことでピンと来た人はきっと鋭い人なんでしょう。私はそのこともわからず、その独特の設定に気付いたのはだいぶ後になってからです。

実は著者の誉田哲也さんの印象というのは、警察小説のイメージがとても私の中では強かったのです。別に読んだことがあるわけでもなく、書店に平積みされている小説の表紙が、なんとなく警察小説っぽい感じだったからなんですけど、そのイメージで読むとちょっとびっくりな顛末。前半戦は本当に普通のサスペンスなんですが、「第2回ムー伝奇ノベルス大賞優秀賞受賞作」とのこと。伝奇ですから、まさにそんな感じです。そういう前提で読むと「ほー!」と思えるものも、本格警察小説と思って読むと「あれ?」となるので気をつけたほうがいいかもしれません。これは伝奇小説です。

ちなみに以前私が読んだことがあるのは、これでした。これも警察全然関係ないですね(;^_^A

プラージュ

 

紅鈴

さて、小説の中で結構大事だと言われるのが、そこに出てくるキャラクターの個性。本書において圧倒的な存在感を放つのが「紅鈴」でしょう。黒髪、色白の美女ということで、少し陰のある女性です。なまえの紅鈴というのは少し変わった名前ですが、たぶん日本人設定です。本人が気に入ってそう名乗っていると書いてあったような気がします。で、普通、そんなミステリアスな美女はたいてい性を安売りしないものですが、紅鈴は風俗嬢。実はその仕事についている事にも理由があります。独特の官能シーンはわりとあっさりとはしていますが、お好きな方は目を引くかもしれませんね。

なんにせよ本書はシリーズの導入物語的な、これから始まりますよ、的要素が強いような気がします。終わり方も、「つづく」的な要素があり、次に期待です。

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

 

Amazonでのご購入はこちら

 

 

頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法前のページ

タイムウェーバー次のページ

ピックアップ記事

  1. ある犬のおはなし
  2. 脳は「ものの見方」で進化する
  3. 成長マインドセット
  4. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  5. はじめに

関連記事

  1. 原田マハ

    でーれーガールズ

    はじめの1行プロローグ拝啓突然のお便り、失…

  2. 小説

    水族館ガール

    はじめの一行プロローグああ、あくびが出る。…

  3. 小説

    豆の上で眠る

    はじめの1行文学的表現湊かなえさんと言えば、押…

  4. 小説

    水族館ガール3

    はじめの一行プロローグ帰ってくる。もうすぐ先輩…

  5. 佐藤青南

    ツインソウル 行動心理捜査官・楯岡絵麻

    はじめの一行1場違いに響き渡る高笑いが不快で、…

  6. 小説

    贖罪

    はじめの一行麻子様先日は結婚式にご出席くださり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. デヴィッド・R・ホーキンズ

    パワーか、フォースか 改訂版 ― 人間の行動様式の隠された決定要因
  2. 小池浩

    借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんがあえて教えなかったとんでもないこの世…
  3. ビジネス書

    最強の縄文型ビジネス イノベーションを生み出す4つの原則
  4. 自己啓発

    超悟り入門
  5. ノンフィクション

    しらずしらず――あなたの9割を支配する「無意識」を科学する
PAGE TOP