ノンフィクション

地球と人類を救う真実追求者たちとの対話 ~光と闇の最終章が今、はじまる

はじめの一行

はじめに

今、私たちのこの世界では、「光と闇の闘い」が進行しています。
それも、この地球という惑星の枠を超えて、壮大な宇宙レベルでその闘いは行われています。
この闘いがなければ、私たちが今、当然のように享受している日々の幸せさえも、気が付いたら、時遅しとなっていたかもしれないのです。

これまで人類は、闇の勢力によって過去から何百年間にわたり、世界の裏側で支配・搾取されてきました。

地球と人類を救う真実追求者たちとの対話 ~光と闇の最終章が今、はじまる (佐野美代子)

光と闇。こういう構図は、やっぱりわかりやすいのでしょうか。一行目からそういったコントラストを出してきています。何となく著者が、みんなに強く知ってもらいたいという思いを持っていることが感じられる書き出しに感じられました。

本書の内容

「真実」を語る人たち

本書の前提としては、世の中にはみんなが知らないことがたくさんある。むしろ既知の事実の多くは、闇の勢力が私たちに植え付けた事実や考え方であり、その多くは事実ではない。その闇の勢力に隠された真実を暴くという強い意志を持って活動している人が三人いて、彼らをインタビューしました、というのが本書の内容。

その三人というのは私は知りませんし、匿名で顔出しもなし。主にYouTubeなどで「真実」を強く訴えている人たちということです。ある一人は、今までこういった活動の中で3度ほど殺されそうになったという話もされています。素朴な疑問なのですが、そんなに危ない目にあっていて、今その追手の追及はどうなったのでしょう。うまく身をかわせたということなのでしょうか。人が特定されて、一度狙われたとしたら、一度の失敗では終わらず、追い続けられるような気がするのですがそのあたりの細かな内容は本筋とは関係ないからか、明らかにされていません。

私はこの手の陰謀論的な話も、「もしかしたらありえるかも」という比較的素直に読むほうだと思うのですが、ちょっと本書に関して言うと疑問符がいっぱい出てきました。三人の匿名の活動家が出てきて、彼らは同じような設定で話をしています。たとえば、一般的にはあまりいい印象を持たれていないトランプ元大統領は実は光の勢力で、むしろオバマ元大統領の方がやばいとか、その奥様は実は男だったとか。JFKジュニアはいまも生きていて、光の勢力としての活動を支援しているとか。

たぶん、全部が嘘というわけではないのですが、一つ一つの話に納得感のある根拠が示されないので、ちょっと眉をしかめてしまうシーンがそこそこありました。実は陰謀論だったり、都市伝説というのは、もっともらしい説明があって自分たちが持っている常識と、その初めは突飛に感じる結論にいたる橋渡しがあるからおもしろいのだなぁ、と逆説的に感じました。あたまのなかで、論理的に「なるほど、確かにそうかもしれない」という過程を経られず、「これが真実です」と出されても、なかなかついていくのが難しいという部分があるな、と感じました。

そういう意味では、今回登場される三人の方のYouTubeとかを見ている人にとっては、ワクワクする企画なのかもしれませんが、そこに対して全く知識のなかった私は、取り残され感が強かったように思います。想定読者はすでにそういった陰謀論についてのそこそこ知識を持っている人だったのかもしれません。

そんなギャップを感じている私の感想はもとより、Amazonにおける評価は結構たくさん(2021年4圧27日現在で414こ!)かかれていて、しかも★は結構たくさんついています。ときおり★一つの方もいらっしゃいますが総じて評判がいい。たぶん、刺さる人には刺さる本なんだと思います。

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はこちら

見るだけでわかる! ビジネス書図鑑前のページ

死ぬ瞬間の5つの後悔次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. ある犬のおはなし
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. ノンフィクション

    目からウロコが落ちる 奇跡の経済教室【基礎知識編】

    はじめの一行はじめにーーーなぜ「奇跡」なのか本…

  2. ノンフィクション

    世界の最新医学が証明した 究極の疲れないカラダ

    はじめの一行ストレッチはパフォーマンスを下げる?…

  3. ダニエル・カーネマン

    ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか?

    はじめの一行第22章 エキスパートの直感は信用でき…

  4. ノンフィクション

    心の深みへ―「うつ社会」脱出のために

    はじめの一行はじめにーーー「心の問題」を掘り下げあ…

  5. ノンフィクション

    夢の正体: 夜の旅を科学する

    はじめの一行はじめに2011年の夏、私は穴を掘…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    ナミヤ雑貨店の奇蹟
  2. ビジネス書

    凡人が最強チームに変わる魔法の営業ミーティング
  3. akko

    わたしは、こうして“本当の自分”になる。 「自己肯定感」の低い私が幸…
  4. ビジネス書

    マーケティングとは「組織革命」である。 個人も会社も劇的に成長する森岡メソッド
  5. ノンフィクション

    ウイルスは悪者か―お侍先生のウイルス学講義
PAGE TOP