小説

心霊探偵八雲3 闇の先にある光

はじめの一行

イントロダクション

静かな夜だった。

小沢恵子は車を走らせていた。曲がりくねった道。その両側は木々に囲まれていて、街灯は一つもない。真っ暗な林道。普段は気味が悪くて、この道は通らない。
しかし、今日は違った。どうしても早く帰って伝えたいことがあった。待望の子供ができたのだ。恵子はふとお腹に手を当ててみる。今はそのふくらみを感じることすらないのだが、確かにこのお腹の中に新しい命が宿っている。

心霊探偵八雲3 闇の先にある光(神永学)

すごーく一文が短いのは、すこしシリアスなムードを増長させるためでしょうか。
この書き出しを見ると、なんだか嫌な予感しかしないのですが、それはそれとしてグイグイ引き込まれてしまいますね。
果たしてどんな事件が起こるのか、はたまた起こらないのか。
そんな書き出しに感じました。

本書の内容

霊能者対決?

主人公の八雲は片目の瞳が赤い。
そしてその赤い瞳は、死者の魂を見ることができると言います。
そんな主人公、ちょっと彼に好意を寄せる大学生の晴香、腐れ縁のゴリラ刑事の後藤、後藤に憧れる少しどんくさい刑事石井。
こんな個性豊かなキャラクターを中心に物語が展開されていきます。

小説って、個性的なキャラクターが活き活きと動いてることが大事なんだな、とこのシリーズを読むと感じます。

今回はちょっとした幽霊騒ぎが起き、そこに出てくる怪しげな霊能者。
そしてその霊能者と対決する八雲、といったところのお話。
テーマというか根底にあるのは強姦事件。
それだけに結構重い話なのですが、考えさせられるべきところは考えさせられつつ、それでも重くなりすぎないような展開に感じました。
最後の結論をどう持っていくのか気になっていましたが、ああ、そうだよね、という落としどころ。
私的には微妙な安心感を感じましたが、世間的な評判も上々のようですね。

人生を狂わす事件

正直今回のテーマになっている強姦事件。
小説の中でも語られていますが、これが当事者に与える影響は計り知れないものがあります。
にもかかわらず刑期はせいぜい数年だとか。
なんとも男尊女卑的な考えがあるのでしょうか。
これって人によっては人生そのものの在り方を変えるほどのインパクトがある事件。
そんな事がない世の中を望みたいと思います。

 

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はコチラ

逆襲のビジネス教室前のページ

現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全: 脳が超スピード化し、しかもクリエイティブに動き出す!次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 成長マインドセット
  3. はじめに
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. 小説

    クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 下

    はじめの一行戦火昼と夜とではまるで別世界だ、美…

  2. 小説

    グレイヴデッガー

    はじめの一行人と人の関係本書の一行目は、未解決…

  3. 小説

    妖の華

    はじめの一行第一章その昔、大川と呼ばれた川。駒形橋から見下ろす…

  4. 小説

    天空の蜂

    はじめの一行1午前五時ちょうどに電話は鳴りだした。その約一分前…

  5. 小説

    仮面病棟

    はじめの一行プロローグ秒針が時を刻む音が、六畳…

  6. 小説

    千里眼の復讐―クラシックシリーズ4

    はじめの一行チョコレート南京國際戦争監獄の老朽…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. サイモン・シネック

    WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う
  2. ダニエル・ピンク

    モチベーション3.0
  3. ビジネス書

    バナナの魅力を100文字で伝えてください 誰でも身につく36の伝わる法則
  4. 小説

    記憶屋
  5. ビジネス書

    「物語」の見つけ方 ー夢中になれる人生を描く思考法
PAGE TOP