ビジネス書

現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全: 脳が超スピード化し、しかもクリエイティブに動き出す!

はじめの一行

はじめに

「読み方の最新スキル」を、すべて1冊にまとめた理由

本書を書こうと思った強い動機が3つある。
まずはそこから説明したい。

ひとつめの動機は、
「佐々木さんは、あの信じられないぐらい幅広い分野の情報を、どうやって集めているんですか?」
と、色々な人に会うたびに、本当にいつもよく聞かれるからだ。
わたしはツイッターとフェイスブックで、毎朝8時に10本ぐらいのさまざまな記事を紹介している。

現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全: 脳が超スピード化し、しかもクリエイティブに動き出す!(佐々木俊尚)

本書のはじめには、この本書を書く理由がまとめられてますね。
これは逆に言うと、「あなたが本書を読む理由」という事にもなりそうです。
ここに引用した部分を見ると、「広い情報を集めている著者」という前提があって、そうなりたい人がこの本を手に取るという構図があるのでしょう。

全体的に文章がスッキリしていてシンプル。
とても読みやすい書き出しだと感じました。

本書の内容

情報の収集から蓄積、活用まで

本書のタイトルから私が受けた印象は、「本の読み方」的な内容かと思いました。
しかし、実際は本だけではなく情報収集全般のお話。
しかもそれをどう蓄積し、活用できる状態で保存する課までを網羅しています。

まずはじめは、情報を集めるメディアの選定からです。
著者である佐々木俊尚氏は主に情報をネットからとると言います。
しかしご承知の通り、ネット情報というのは玉石混交というのが定説。
そんな中、佐々木氏がメディアを選定するときのコツ(偏りがないメディアを選ぶ方法や、偏りがある場合はそれを知っておくことで偏りがある前提で読める)を伝授。
氏が実際に重用しているWEBサイトなども紹介しています。

しかし、WEBのメディアの更新頻度を考えると、なかなかそのストックというのが難しい。
それをRSSを活用して、隙間時間でタイトルをチェック。
その後、時間があるときに関心のある記事を読み込むなど、生活の中に同情報収集の行動が溶け込んでいるかを披露してくださいます。

後半に入ると、本の読み方などもレクチャーがあります。
ビジネス書なんかは、はじめから最後まで子細に読むものでもなく、必要な情報をピックアップできればいいというスタンス。
実はこれは私も賛成です。

そもそも本書は、部分的にラインが引かれてますが、忙しい人はそこだけ読んでもいいように構成されているように思います。
とても読みやすい本なんです。

ここまでストイックに情報を集めなくとも

全体を通して、著者である佐々木俊尚氏の情報への熱いコミットを感じます。
職業柄というのもあるでしょうが、物事を語るに際しては中途半端な知識だと、ツッコまれた時に「ああ、そこまでは考えてませんでした」という事になりがち。
そういった、目の前の自称のバックグラウンドなどを含めて知っておかないと、何かに対して自信を持って意見表明することは出来ないのかもしれません。
そんな状況を強く感じるのが本書。

さて、これを活用するにあたって、普通の人はそこまでストイックになり切る必要はないと思います。
文中にいくつか、情報を集め、ストックするスマホやPC向けツールが紹介されています。
そういったものを使ってみるのもいいし、情報収集の方法を少しかじってみるのもいい。
本書全てをやろうと思うとお腹がいっぱい過ぎるので、一つ2つ応用できることがあれば十分ではないでしょうか。
そしてそれが習慣として身についたころ、もう一度本書を見に来るといいかもしれませんね。

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はこちらから

心霊探偵八雲3 闇の先にある光前のページ

未来実現マーケティング 人生と社会の変革を加速する35の技術次のページ

ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. はじめに
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ビジネス書

    ブルシット・ジョブ――クソどうでもいい仕事の理論

    はじめの一行序章 プルシット・ジョブ(クソどうでも…

  2. ビジネス書

    だれかに話したくなる小さな会社

    はじめの一行はじめにあなたの会社の矢印は、どちらですか?…

  3. ダニエル・カーネマン

    NOISE 上: 組織はなぜ判断を誤るのか?

    はじめの一行序章 二種類のエラー仲間と射撃場へ行き、五人編成の…

  4. ビジネス書

    ヤンキーの虎

    はじめの一行縮小する地方で成功者となった「ヤンキー…

  5. ビジネス書

    「売れる個人」のつくり方

    はじめの一行PROLOGUE ロマンと冒険に憧れた私の「旅立ち」…

  6. ビジネス書

    集まる場所が必要だ――孤立を防ぎ、暮らしを守る「開かれた場」の社会学

    はじめの一行日本語版への序文この序文を書いているのは2021年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 小説

    水鏡推理4 アノマリー
  2. ノンフィクション

    神秘思想 光と闇の全史
  3. 小説

    クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 下
  4. 自己啓発

    THE NAKED CORE(ザ ネイキッド コア)―人生の縦糸
  5. ノンフィクション

    金融再起動 旧体制の崩壊から世界大革命へ
PAGE TOP