ビジネス書

長いコトバは嫌われる メモ1枚! 人生を変える最強の伝え方

はじめの一行

はじめに

なぜ、ダラダラ伝えてしまうのか?

「ダラダラ、話が長い」
コトバを重ねて、長く伝えるほど、
相手に伝わらない、心に響かない。
そう感じたことはないだろうか。

あなた自身に当てはまるかもしれないし、
そうでなくとも話が長い相手に辟易した経験は誰しもあるはずだ。

たとえば、校長先生の朝礼。
幼少期を振り返ると校長先生の話は、例外なく「長い」ものだった
長~い訓話を聞かされていたにもかかわらず、
覚えている話は一つもない

長いコトバは嫌われる メモ1枚! 人生を変える最強の伝え方(横田伊佐男)

コピーライター、セールスライターとか。
実はこういった人たちが書いた本は、専門書ではなく一般のビジネスパースンに向けられたとき、とても文字数が少ない。
本自体も薄かったり、フォントも大きめだったり、空白の多い紙面だったりすることが多いのです。
本書もその例にもれず、比較的薄くて読みやすい。
彼らは、人が文字を読まないという事を良く知っているから、読みやすさをとにかく重視しているのだと思います。

このまえがきも、実は、本書が提示するメソッドに沿って書かれているように思います。
「校長先生の長話」なんて言うのは、誰もが感じたことのある原体験。
これを思い起こさせることで、「そうそう!そういえば!」なんて言う風に人の心を動かしていきます。

とくにコピーライターやセールスライターの本は、「はじめに」がクライマックスと私は思っています。
ここに全身全霊を注がれているので、しっかりと味わいたいまえがきです。

本書の内容

何かを語る時のシンプルなフレーム

本書は全体として、非常にシンプルなフレームワークをもとにしています。
はじめに提示されるのが、鉄板の法則①

①ざっくり決める
②共感・納得・行動で決める
③26文字でまとめる

とくに①についてはシンプルだけど大事。
誰に何を伝えるか?という全体方針をしっかり、けどざっくり決めておく。
軸をブレさせないためにはとても大事。

また、慣れないとどうしても「話したいことを話す」というモードに陥りがち。
個人的には、これが問題の根源で、聴き手の関心のないことをべらべらと話すと、もうアウト。
だから初めに、「誰に」「何を伝えるか」を明確にしておくようです。

すると、主語が「私」から「相手」にかわります。
そうすることで、自分が話したいことから、相手が求めていることに言葉が変わっていくのです。

「共感」を呼ぶことで話に引き込む

そのあとは、相手が共感するような話を入れていきます。
そうそう、あるある。
そんな経験したよなー。
それが気になってたんだよ。
そんな言葉を相手から引き出せたら締めたものです。

どういうことかというと、しっかり相手の身になって話すという事。
これ、ある意味思いやりです。
我を捨てるという事。

あくまで相手が主語なんですね。

さて、本書ではもう少し突っ込んだ話が紹介されています。
事例も交えていたりします。
それでも1時間前後で読み切れるボリュームですから、肩の力を抜いて一読し、もう一度読み直しながら練習してみるといいかもしれません。

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はコチラ

人類の月面着陸は無かったろう論前のページ

心霊探偵八雲4 守るべき想い次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. ある犬のおはなし
  3. 成長マインドセット
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ビジネス書

    業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち

    はじめの一行はじめに今、世の中では「イノベーシ…

  2. ビジネス書

    人生の勝算

    はじめの一行プロローグ―--経営はストリートから始…

  3. ビジネス書

    これからの世界をつくる仲間たちへ

    はじめの一行プロローグ「魔法をかける人」になるか、…

  4. ビジネス書

    新しい顧客のつくりかた: 見えない消費者をあなたのお客さまに変える戦略

    はじめの一行はじめにこの本は、新しい顧客をつくること、見つける…

  5. ビジネス書

    ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式

    はじめの一行はじめに「20世紀的優秀さ」の終焉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    やりたいことがある人は未来食堂に来てください 「始める」「続ける」「伝える」の最…
  2. 天外伺朗

    ザ・メンタルモデル 痛みの分離から統合へ向かう人の進化のテクノロジー
  3. ノンフィクション

    文系でもよくわかる 世界の仕組みを物理学で知る
  4. ノンフィクション

    千年、働いてきました―老舗企業大国ニッポン
  5. ビジネス書

    トヨタの会議は30分 ~GAFAMやBATHにも負けない最速・骨太のビジネスコミ…
PAGE TOP