乃南アサ

禁猟区

はじめの一行

禁猟区 1

長い前髪が、皿の料理に触れそうだ。
「ねえ」
若山直子は思わず眉をひそめて、その前髪に話しかけた。
「前から言おうと思ってたんだけど、何とかならないの、その髪」
前かがみにな手スプーンを動かしていた彼が「え」と顔を上げた。
料理を目一杯に頬張っているために、脂肪のない頬が大きく膨らんで、一瞬、子どものように幼く見える。ただし、やはり前髪が邪魔だ。わざと不揃いにカットしてある金色の髪が鼻先まで伸びているせいで、せっかくのきれいな顔も半分近くが隠れてしまっている。

禁猟区(乃南アサ)

長い前髪の話から入る本書の一行目。
その時イメージしたのは、どちらかというとちょっともさっとした女性の雰囲気。
しかし実際のところは、ホストクラブのお兄ちゃん。
なんともどんでん返しを食らいます。
そして、若山直子はそこそこの年齢の女警察官。
不思議な設定です。

本書の内容

警察小説ではあるけれど…

本書の特徴は、警察小説なんですが、事件は内側で起こること。
つまり、警察内部で起こる不祥事がテーマ。
そんな短編が4編収録されています。
「禁猟区」というタイトルは、冒頭の一遍で、その物語の中にでてくるホストクラブの名前。

警察官の不祥事と、それを追う監察官のお話。
監察官というのは、警察の風紀を監督する部署。
そこに配属された途端、友達がよそよそしくなるとか、なかなか難しい立場にあるようです。

四ペンの物語の唯一の共通点が登場人物で、主役なのかよくわかりませんが、その経過を「沼尻いくみ」という若い監察官の目で見ていくことになります。

全体としては、サスペンスというほど大げさではない。
じわじわと迫りくる捜査の手、という独特の渋い展開になっているような気がします。

物語として一番盛り上がるのは、最終話でしょうか。
主人公…?っぽい、沼尻いくみがストーカー被害に遭います。
その意外な相手とは…?という感じです。

全体として、ぼやーッとした感じで、物語は抑揚なく進みます。
かといって、読むのが苦痛というわけでもなく、そこそこ引き込まれながら読んでしまいます。
けどどんなはなしだっけ?と振り返っても、今一つ起承転結が見えないというか、じわじわくる話、という感じになっております。
不思議な魅力の小説でした。

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はコチラ

SHARP BRAIN たった12週間で天才脳を養う方法前のページ

自分を変える方法──いやでも体が動いてしまうとてつもなく強力な行動科学次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 成長マインドセット
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. ある犬のおはなし
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. 小説

    東京結合人間

    はじめの一行プロローグ大樹の締まった肛門に、千…

  2. ロバート・A・ハインライン

    夏への扉

    はじめの一行しゃれたタイトルと不思議なスタート…

  3. 七尾与史

    死亡フラグが立ちました!

    はじめの一行1岩波美里がデスクの上に頬杖を突き…

  4. 小説

    アナザー・フェイス

    はじめの1行第一部 五万人のダミーサツマイモ一…

  5. 佐藤青南

    ツインソウル 行動心理捜査官・楯岡絵麻

    はじめの一行1場違いに響き渡る高笑いが不快で、…

  6. 小説

    心霊探偵八雲7 魂の行方

    はじめの一行紅葉狩り今から千年以上の昔、現在の長野県に水無瀬と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. スピリチュアル

    パラダイムシフトを超えて いちばん大切なアセンションの本質
  2. ビジネス書

    THE CATALYST 一瞬で人の心が変わる伝え方の技術
  3. ビジネス書

    「売れる個人」のつくり方
  4. ビジネス書

    ハーバード・ビジネス・レビュー公式ガイド 社内政治マニュアル
  5. ジョン・ブラッドショウ

    ファミリーシークレット
PAGE TOP