ビジネス書

話が進む仕切り方 ~会議/プロジェクト/イベントを成功させるファシリテーションの道具箱~

はじめの一行

はじめに

多様な人たちとものごとを
前に進めないといけない時代

「どうも、いままでのコミュニケーションのやり方ではうまくいかない……」

そのようなお悩み相談を、私は連日のように企業の管理職や担当者などから受けています。

・会議が毎度お偉いさんのリサイタル
・突然、意見を求められて「シーン」
・話が脱線したっきりで、戻ってこない
・結論ありき。予定調和な定例会(だったらチャットやメールでよくないですか?)
・みな活発に意見を出してくれるのだが、まとまらない

話が進む仕切り方 ~会議/プロジェクト/イベントを成功させるファシリテーションの道具箱~(沢渡あまね)

実は私が本書を買う決め手になったのが冒頭の

多様な人たちとものごとを
前に進めないといけない時代

という言葉でした。

どういうことかというと、今って時代の変革期にあって、色んな新しいものを生み出す必要が出ているように思います。
そのためには、異質な人たちが集い、ひとつの目的に向かって何かを作り上げるという流れが必要だと思います。
そこに向かうにあたっては、異質な人たちなので、同業者とかと違って共通言語があまりないんです。
そんな中道コミュニケーションを深めていくかというのは、けっこう大きな課題です。

そんな参考になれば、という思いで本書を手に取りました。

本書の内容

ファシリテーションにおける90のコツ

本書においては、会議や議論を進めるためのファシリテーションに役立つ90のコツが紹介されています。
そもそもファシリテーションについては、以下の5つの要素があると言います。

5つの要素①目的を押さえる
5つの要素②インプットを押さえる
5つの要素③成果物を押さえる
5つの要素④関係者を把握する
5つの要素⑤効率を考える

これらの要素を満たすように、設計された90のコツは、一つ一つはメチャクチャ難しいというものではありません。
多くは、心がけ次第でできることなんですが、ただ、そこまで気が回らなかった、という人が多いのではないでしょうか。

たとえば、社内での会議のファシリテーションにおいては、それぞれのメンバーの個性を日ごろから観察することをすすめています。
それを「歩き回る」と表現しています。
現場を歩き回る。
あるいはミーティング会場を歩き回る。
そういったことで、参加者の個性を見極めたり、現状の立ち位置を把握したりする。

もう少し発展させると、「オンラインで歩き回る」というのもあります。
これは社内のネットワークなどで過去の資料や敬意をしっかり把握しておくという意味で、色んなオンライン上で得られる資料に目を通しておく、ということ。

そのほかにも、会議の場を作る方法や、
場が荒れたときの対処法など、
細かなことまで痒い所に手が届くのが本書。
会議をファシリテーションする立場になるなら、一度は眼を通しておきたい一冊。

いやーーー、読書って素晴らしいですね。

Amazonでのご購入はコチラ

自分を変える方法──いやでも体が動いてしまうとてつもなく強力な行動科学前のページ

神の方程式: 「万物の理論」を求めて次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. ある犬のおはなし
  3. はじめに
  4. 成長マインドセット
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ビジネス書

    ファンをはぐくみ事業を成長させる 「コミュニティ」づくりの教科書

    はじめの一行はじめに「人のつながり、コミュニテ…

  2. ビジネス書

    「買収起業」完全マニュアル ベンチャー立上げリスクを回避する「新・起業法」

    はじめの一行あなたは「リッチ」か、それとも「キング」か?ベンチ…

  3. ビジネス書

    リストビジネスの教科書

    はじめの一行究極の身の上話?著者は、インボックスマ…

  4. ビジネス書

    書く技術──「書いて伝える力」があれば、一生負けない!

    はじめの一行まえがき 日本を「一億総クリエーター」…

  5. ビジネス書

    価格の心理学

    はじめの一行第1章ポジショニングと価格設定マギ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    業界破壊企業 第二のGAFAを狙う革新者たち
  2. 森本康彦

    高次元存在バシャール(ビシャー)からのショートメッセージ
  3. ビジネス書

    メモの魔力 The Magic of Memos
  4. トマス・ゴードン

    親業―子どもの考える力をのばす親子関係のつくり方
  5. ノンフィクション

    12階から飛び降りて一度死んだ私が伝えたいこと
PAGE TOP