ビジネス書

才能が目覚めるフォトリーディング速読術




はじめの一行

ニーズを書き出す

本書の始まりは、著者に寄せられたニーズの列挙から。
読者への共感を呼ぶ仕掛けなのでしょうね。
そして、そんな望みをかなえてくれるもの。
それがフォトリーディングですよ、と。

「仕事のスピードやパフォーマンスをあげたい!」
「どんな時代になっても、代りのきかない人材になりたい」
「本を早く読めるようになりたい」
「今の自分からは考えられないくらい、大きく飛躍したい!」
「自分の才能を開花させたい!」

私のもとには、日々、さまざまな悩みが寄せられます。
仕事のパフォーマンスをあげたり、才能をどんどん磨いていくための方法はたくさんあります。私自身も、25年間経営者をしながら、スキルをアップさせたり、自分の才能を伸ばすために、実に様々なメソッドに触れてきました。
そんななかで、私が出合い、もっとも感銘を受けたのが、「フォトリーディング」というツールでした。

才能が目覚めるフォトリーディング速読術(山口佐貴子)

本書の内容

シンプルにフォトリーディングのやり方を

本書は、フォトリーディングの本です。
フォトリーディングというのは、簡単に言うと、本の紙面を写真のように写し取り、脳内に転写する読み方。
こういうと、なんだか超能力みたいですが、ちゃんと地に足の着いた手法です。
2日間の講座でほとんどの人が、効果を実感できる手法ですから特別な能力がなくてもできます。

じつは、私も、フォトリーダーなんです。

さて、本書は、そのフォトリーディングのやり方を、サクッと一章くらいで説明しています。
それがフォトリーディングのやり方としては過不足のないもの。
ただ一人で独学でやるとなると、ちょっと難しいかもしれないな、と思います。
ちょっとやってみて、無理、と思ったら講座に出かけるのが一番でしょう(笑)

少しヒントをお伝えすると、頭の中に一字一句イメージできるかのように読むかといえばそうではありません。
けどその本について語れ、と言われればそれなりに語れてしまう(本人はなぜかわからないのですが)とかいうかんじです。

フォトリーディングのおかげで訪れる変化

本書の著者は、世界でも有数のフォトリーディングの講師の方です。
だからその良さを広めたい、という思いがこの本にはつまっています。
実は、フォトリーディングというのは、単に本が早く読めるという表面的なメリットだけではないんです。
たとえば、莫大な数の本を読むことで、脳のOSをバージョンアップしたかのように、考え方すら変わってしまったりします。
要は、脳の使い方が変わるんです。

実際に、本書の多くは、そうやって大きな変化を遂げた受講生の話に割かれています。
本を読むという事だけでそんなことがおこるのか?といぶかしげに思う人はいるかもしれませんが、私は起こるだろうな、と思っています。
私自身、根底から考え方と関わりましたから。

そんなことで、ご興味がある人はセミナーに行かれることをおすすめします。

本書のご購入はこちら。




人を動かす「仕掛け」 あなたはもうシカケにかかっている前のページ

自動的に夢がかなっていく ブレイン・プログラミング次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 成長マインドセット
  3. はじめに
  4. ある犬のおはなし
  5. 脳は「ものの見方」で進化する

関連記事

  1. ダグ・スティーブンス

    小売再生 ―リアル店舗はメディアになる

    はじめの一行はじめに今、経済を動かしている2つ…

  2. セス・ゴーディン

    セス・ゴーディンの出し抜く力: 先がわかる人は、何を見ているか

    はじめの一行監訳者のことば本書には、著者による…

  3. ビジネス書

    人もお金も自然と集まる ファンクラブビジネスの始め方

    はじめの一行はじめに私は、ファンクラブコンサル…

  4. ビジネス書

    売れる文章術

    はじめの一行神田昌典氏の懐刀?この本の著者、中野功さんは多分神…

  5. ドルー・エリック・ホイットマン

    現代広告の心理技術101

    はじめの一行あなたをあおる書き出し本書のタイト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ビジネス書

    書く技術──「書いて伝える力」があれば、一生負けない!
  2. ジョン・ブラッドショウ

    ファミリーシークレット
  3. ノンフィクション

    Mr. 都市伝説 関暁夫のゾクッとする怪感話
  4. 並木良和

    分離から統合へ -「人類の目覚め」を紐解く二つの異なる切り口
  5. 小説

    空飛ぶ広報室
PAGE TOP