サイモン・シネック

WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う




はじめの一行

WHYのWHY

本書の始まりは、タイトルを解説するものになります。
WHYから始めることの、WHYを説明している。
一貫性をとったわけではないのでしょうが、なぜを知ることが動機づけになるという本書の中心テーマにふさわしい始まりなのかもしれません。

はじめにーーーなぜ、WHYから始めるのか?

世の中には、自然に生じるパターンというものがある。周囲の人を感激させ、奮起させる力、すなわち人をインスパイアする能力を持つリーダーたちのものの考え方、行動儀式、コミュニケーション術もまたそうしたパターンの一つだ。「生まれながらのリーダー」のなかには、人をインスパイアする気質を生まれつき持っている人もいるかもしれない。だが、そうした能力は何も一握りの人間に独占されているわけではない。私たちはだれでも、このパターンを学ぶことができる。少しばかり鍛錬すれば、どんなリーダーや組織でも、組織の内外の人たちに感銘を与え、やる気を起こさせ、アイディアやビジョンを発展させる手助けができる。私たちは誰もが人の先頭に立つことができるのだ。

WHYから始めよ!―インスパイア型リーダーはここが違う(サイモン・シネック)

本書の内容

WHYを知るとファンができる

WHY、つまりなぜから始める。
それを説明するための事例として、こんな文章が紹介されています。

【事例1】
われわれは、素晴らしいコンピューターを作っています。
美しいデザイン、シンプルな操作法、取り扱いも簡単。
一台、いかがですか?

【事例2】
現状に挑戦し、他社とは違う考え方をする。それが私たちの信条です。
製品を美しくデザインし、操作法をシンプルにし、取り扱いを簡単にすることで、私たちは現状に挑戦しています。
その結果、すばらしいコンピューターが誕生しました。
一台、いかがですか?

事例1と2は、象徴的な例ですが、2はWHYから始めているということ。
それだけで、文章に深みが出てきて、人を引き付ける力が増してくる。
美しいとか、シンプルとか、簡単というものは、どんどん新しい製品に追い越されてしまいます。
それだけをアピールするより、自分たちがなぜこの製品を作ったかを説明することで、強い魅力が発生するといいます。

WHYの下にあるのは、HOWやWHAT。
特にリーダーにおいて、WHATだけを主張する人は多い。
それこそが、人がついてこない原因ではないだろうか。
そんな気にさせられる一冊です。

Amazonでのご購入はこちら。

 
楽天でのご購入はこちら WHYから始めよ! インスパイア型リーダーはここが違う [ サイモン・シネック ]




まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実現プログラムTPIE公式ブック前のページ

千里眼 The Start次のページ

ピックアップ記事

  1. 成長マインドセット
  2. ある犬のおはなし
  3. 脳は「ものの見方」で進化する
  4. はじめに
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. ビジネス書

    そうだ、星を売ろう

    はじめの一行小説仕立てのビジネス書最近よく見か…

  2. ビジネス書

    だれかに話したくなる小さな会社

    はじめの一行はじめにあなたの会社の矢印は、どちらですか?…

  3. ビジネス書

    2022―これから10年、活躍できる人の条件

    はじめの1行はじめにそりゃ懺悔したいことは、た…

  4. ビジネス書

    叩かれるから今まで黙っておいた「世の中の真実」

    はじめの一行まえがき人はみんな、一生懸命いろい…

  5. ビジネス書

    外資系コンサルが教える 読書を仕事につなげる技術

    はじめの一行はじめにすべてのことは「独学」で学…

  6. ビジネス書

    ブスのマーケティング戦略

    はじめの一行本当はここにまえがきをということで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 丸山敏秋

    七つの原理
  2. 大嶋信頼

    支配されちゃう人たち 親や上司の否定的な暗示から解放される超簡単テクニック
  3. ビジネス書

    小さな会社が世界で稼ぐ 高収益をもたらす「情報の輪」【マインドマップ読書メモ有】…
  4. アービンジャー・インスティチュート

    自分の小さな「箱」から脱出する方法 ビジネス篇 管理しない会社がうまくいくワケ
  5. ビジネス書

    毎日読みたい365日の広告コピー
PAGE TOP