ビジネス書

広告をやめた企業は、どうやって売り上げをあげているのか。




はじめの一行

広告に代わる新たなコミュニケーション手法はないか

この数年、企業の事業担当役員や広報宣伝部門の責任者からこうした相談をもちかけられることが増えている。
彼らが異口同音に語るのは、広告がかつてのようには効かなくなった、あるいは、かけた費用に見合うだけの効果が得られなくなった、ということだ。
その結果として、広告はいよいよ売り上げに十分に寄与できるものではなくなってきている、という。
本書は、そんな悩みにこたえるべく、筆者が代表を務めるビルコム株式会社が持つ、広告に代わって売り上げを上げることができるコミュニケーション手法に関する知見をまとめたものだ。
2003年に創業して以来、私たちはPR会社として「ブランド価値で事業に貢献する」ことをミッションに掲げ、東証一部上場企業から地方にある中小企業まで、様々な業種や規模の会社に対し、マーケティングの戦略立案に始まって企画実行に至るまでをお手伝いしてきた。そのなかには、世界的な広告賞として知られるカンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバルを含め、数々の栄誉ある広告賞を獲得した仕事もいくつかある。私たちの手法は広告とは異なるものだが、それほどに「広告に近いところ」で活動してきた。

広告をやめた企業は、どうやって売り上げをあげているのか。(太田滋)

私は昨年目にしたように記憶していますが、あの「ボンカレー」がテレビ広告をやめたにもかかわらず売り上げを上げているといいます。
へぇ、時代は変わったものだなぁとか、
ボンカレーはすでに十分認知されてるからなぁとか、
いろんなことを思ったものです。

なるほど、最近は、無理やり見せよう、見せようとする広告にちょっとウザい気持ちを抱くこともある。
YouTubeなんかでも、あのCMにはちょっとイライラさせられる。
もはや気持ちはCMにはいかず、ただただ早く終われと祈っている自分に気づくことがよくあります。
そんな思いがあったため、この本のタイトルは何となく心に刺さりました。

本書の内容

広告らしい広告はアウト?

何かで目にしたのですが、広告をやればやるほどブランドは毀損する、という研究成果があるそうです。
なるほど、無理やり「見ろ!」と言わんばかりの広告は、正直ちょっとうんざり。
なにしろひとたびクリックしたら延々と追っかけてくるWEB広告「ストーカー広告」と言われる奴なんかもある意味ウザい。

テレビCMなんてもはやまともに見ている人はどれくらいいるでしょうか。
私はテレビは一切見ませんが、たまに見るときでもリアルタイムでは見ません。
取りっぱなしのハードディスクレコーダーで取ったものを、1.3倍速で見てまして、CMは当然スキップ。
今どんなCMがやっているか、よくわからない状態。

ということで、私に限って言えば、広告は残念な存在です。

 

とはいえ、たまに引っかかる広告もあるのは事実。
それは有益な情報となることもあるので、ゼロになってしまえばそれは困る。
そんな難しい立場に立たされている広告が今後、どうなっていくのだろうか。
本書では、SNSなどの活用を提案しています。
その詳細については、本書に譲りますが、広告らしい広告よりも、
どちらかと言えば、有益な情報として一般の方に染み込んでいく方法。
それがこれからの時代の広告の在り方なのかもしれません。

実は言っていることは、古くて新しい。
原点は実は変わっていないんだな、とも思える部分があります。

Amazonでのご購入はこちらから

楽天でのご購入はこちらから 広告をやめた企業は、どうやって売り上げをあげているのか。 [ 太田滋 ]







万能鑑定士Qの事件簿 II前のページ

万能鑑定士Qの事件簿III次のページ

ピックアップ記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する
  2. 成長マインドセット
  3. ある犬のおはなし
  4. はじめに
  5. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する

関連記事

  1. さわらぎ寛子

    自分らしさを言葉にのせる 売れ続けるネット文章講座

    はじめの一行はじめに低価格で良質のものが店舗や…

  2. ビジネス書

    売上を、減らそう。たどりついたのは業績至上主義からの解放

    はじめの一行はじめに・ランチのみの国産牛ステー…

  3. ビジネス書

    情報を正しく選択するための認知バイアス事典

    はじめの一行監修者まえがきーーー「認知バイアス」とは何か?一般…

  4. ビジネス書

    直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN

    はじめの一行はじめに「単なる妄想」と「価値あるアイ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. つのだじろう

    恐怖新聞(5)
  2. 小野寺S一貴

    日本一役に立つ! 龍の授業
  3. 原田マハ

    モダン
  4. ビジネス書

    YouTubeをビジネスに使う本
  5. スピリチュアル

    [完全版]生きがいの創造 スピリチュアルな科学研究から読み解く人生のしくみ
PAGE TOP