小説

クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版 (角川文庫)




はじめの一行

マイクロサッカード

 時事共同通信社の記者、綿貫達彦は、入社四年目にして日本の歴史上でも最悪とされる事件の取材に駆り出された。
山手トンネル事件。ニューヨーク、ワールドトレードセンタービル崩壊の9・11同時多発テロに匹敵する、あるいは上回る規模の惨劇。崩壊した地下トンネルに閉じ込められた二千百十八人のうち、生還できたのはわずか、四百八十九人。
西新宿入り口のスロープをふさいでいた瓦礫が取り除かれ、報道関係者の出入りが許されたのは事件集結の三日後だった。綿貫は先輩の記者と、カメラマンとともに暗黒の地底に足を踏み入れていった。
遺体はまだ残っていた。現場のそこかしこにロープが張られ、救急班が回収しきれなかった犠牲者の身体、もしくはその一部が存在していた。ほとんどの遺体にはビニールの覆いがかけられていたが、それも十分に数が足りていないのか、放置されているものもあった。
生々しい山上の爪痕を眺めただけでも、食事はのどを通らなくなった。死の恐怖にさらされ、実際に多くの生命が失われるのを目の当たりにした生存者たちの心情はいかなるものだろう。想像することさえ心苦しい。

クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版 (松岡圭祐)

ここに書かれている山手トンネル事件は、ずいぶんグロい話になりました。
ということで、それ以降読むのにはそれなりに警戒しながら読んでいたのですが、今回はさすがにそこまではなかった。
まあ、後半多少バイオレンスなシーンはありますが、ごくわずかです。

こういったシリーズ物の始まり方はけっこう難しいと思います。
連続で読み続けている人でも、少し新作までの期間があけば、内容は忘れがち。
それを思い出させることも必要だし、登場人物の説明も必要。
とくに、登場人物の描写は、小説にとってはキモなので、簡単に飛ばすこともできないし、常連さんに配慮するとくどくど説明することもできない。
そんな中で、山手トンネルという強烈な出来事は、過去作品を思い出させるキーワードとしては最適かもしれません。

本書の内容

友、あらわる?

さて、本書の1つの見どころは、なにか?ときかれれば、私はこう答えます。
岬美由紀に初めてといってもいい、心の友が現れる、と。
といっても一筋縄ではいきません(笑)

なんだかんだ言って孤独なんですね、この主人公は。

本書に関して言えば、割と内容は盛りだくさんで、自衛隊時代の話もあり、現在の話もあり。
それ以外のところでの問題もあり。
まあ、あっちやこっちやでやらかしてくれます。

とはいえ、過去作品ほどの派手さはない。
だからといってつまらないかというと、これがなかなかいい感じで終わります。

ま、この辺りは読んでからのお楽しみ・・・ということで。

結局これを読んだところで、なんのこっちゃ?という話なのであらすじは、Amazonの紹介やレビューを参考にしてください。
ところで表紙の女性、森下千里に見えるんだけど、ちがうのかな?

Amazonでのご購入はこちら。

楽天でのご購入はこちら 千里眼の瞳完全版 (角川文庫) [ 松岡圭祐 ]

【PR】———————————–
月々たった380円で雑誌が読み放題。
たとえば、コピーライティングで、女性誌・男性誌などをぱらぱらと見たいとか、
特定の趣味の人の話題を知りたいとか、そういったときにはとても役に立ちます。
私も契約して、どうしても参加しなければならないつまらない会議の時には、
これをiPadでぱらぱら見てます(笑)
メジャーな雑誌はけっこうそろっているので、おすすめです。




——————————————




夢を引き寄せるインナーグレートの法則: あなたの中の「もう一人のあなた」が人生を変える前のページ

大富豪からの手紙次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. 成長マインドセット
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. ある犬のおはなし

関連記事

  1. ロバート・A・ハインライン

    宇宙の戦士

    はじめの一行唐突に始まる物語今まで紹介した日本…

  2. 久坂部羊

    廃用身

    はじめの一行まえがき「廃用身」という言葉をご存…

  3. 小説

    催眠 完全版

    はじめの1行テレビ中継降りしきる雨が、窓ガラス…

  4. 小説

    万能鑑定士Qの事件簿III

    はじめの一行ボイスチェンジャー店内BGMに優先…

  5. 小説

    WILL

    はじめの一行受け入れられない両親の死本書は、主…

  6. 小説

    がん消滅の罠 完全寛解の謎

    はじめの一行不思議な物語の始まり本書の始まりは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. ノンフィクション

    事故物件怪談 恐い間取り
  2. アンドリュー・スコット

    LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
  3. ジャン₌クー・ヤーガ

    スター・ウォーズ ジェダイの哲学 :フォースの導きで運命を全うせよ
  4. ノンフィクション

    無一文からのドリーム
  5. 自己啓発

    やってみてわかった成功法則完全実践ガイド
PAGE TOP