種市勝覺

ここに気づけば、もうお金には困らない




はじめの一行

僧侶が書いたお金の本

この本、何が面白いかというと、僧侶が書いたお金の本だという事。
仏教の世界って、なんとなくのイメージですが「節制」というキーワードと結びつきやすくないですか?
私なんかはまさにそんな印象が強い。
特に、密教の世界というと、過酷な修行が前提にあります。
結婚もせず、肉を食べず、毎日が苦行の連続。

そんな密教の阿闍梨がお金について語る。
このアンバランス感は、けっこうおもしろいような気がします。
そういったコンセプトの時点で、売れる要素はあるんじゃないかと思いました。

まえがき

お金に困っている人にこそ伝えたい教え
私たちが日々生活をしているこの世の中には、不公平で、理不尽なことがたくさんあります。
周りの人たちを見回してみても、なぜかお金に恵まれない人、金運が逃げていく人がたくさんいる一方で、それほど努力をしているようには見えないのに、いつも金運のいい人がいます。
この違いは一体何なのでしょうか。

ここに気づけば、もうお金には困らない(種市勝覺)

まえがきは、比較的素直に始まります。
定石ともいえる問題提起ですね。
あなたもこんな経験ありませんか?この違いを感じませんか?
ときて、その解決策を示す。

ああ、俺の事だ、私の事だ、と感じさせる一文なのではないかと思います。

本書の内容

阿闍梨が書いたお金の本

「来世で幸せになりましょう。」
仏教の教えって、そんなイメージがありました。
来世のために今がある。
だから、来世のために今を耐える。

しかし、本書ではそれを真っ向否定します。
特に空海密教は、現実の今を生きる教え。
つまり、未来のために今我慢するのではなく、今を楽しむことが大事なんだそうです。
この時点で、ああ、ちょっと気になる感じ、ありませんか?

あの有名な空海阿闍梨が、お金をたくさんゲットしていい。
そういっているなら、「じゃあ、せっかくだから」と受け取りたくなってきますね。

現世は苦しいもの?

本書を読む限りは、現世がつらく苦しく、我慢の連続である・・・
という事ではなさそうです。
私たちは、やりたいことをやり、楽しい事を追求すればいい。

書いてある内容は、今よくある自己啓発の内容とはさほど違いません。
しかし、それが空海密教を極めた阿闍梨が言うのですから、
何となく納得感があるような気がします。

とどのつまり、自己啓発というのは「都合の良い現実」を信じられるか信じられないかが肝になるような気がします。
それを例えば、脳科学者が言えば信じられるのか、阿闍梨が言えば信じられるのか、実業家が言えば信じられるのか。
そういた選択なのでしょう。

そもそも、こういった書籍の古典的名作の中に、ジョセフ・マーフィーがいますが、
氏はキリスト教の牧師さんだったと記憶しています。
それの仏教版だといえば、わかりやすいかもしれません。

 

本書のご購入はこちら。




ぼくはお金を使わずに生きることにした前のページ

幽霊人命救助隊次のページ

ピックアップ記事

  1. はじめに
  2. ある犬のおはなし
  3. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. 成長マインドセット

関連記事

  1. 自己啓発

    人間とは何か? 自己啓発の劇薬 マーク・トウェインの教え

    はじめの一行CHAPTER1 人間は機械である老人と若者が会話…

  2. 望月俊孝

    癒しの手 心もからだも元気にするレイキ・ヒーリング

    はじめの一行まえがき「あなたには無限の可能性が…

  3. ベネディクト・キャリー

    脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!

    はじめの一行脳の使い方ここ数年、「脳」のパフォ…

  4. 自己啓発

    人生はハッピーエンドで終わるって決まってる ~人生に無駄なことなんてひとつもない~

    はじめの一行はじめにこの本を手に取っていただき、本当にありがと…

  5. エックハルト・トール

    さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる

    はじめの一行序章 この本が生まれたいきさつ私は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 七尾与史

    ドS刑事 三つ子の魂百まで殺人事件
  2. 自己啓発

    WHOLE BRAIN(ホール・ブレイン) 心が軽くなる「脳」の動かし方
  3. 小説

    沈黙のアイドル
  4. ビジネス書

    カップヌードルをぶっつぶせ!―創業者を激怒させた二代目社長のマーケティング流儀
  5. ビジネス書

    今すぐ本を出しなさい ビジネスを成長させる出版入門
PAGE TOP