ピエール・ルメートル

その女アレックス




はじめの一行

何気ない日常

アレックスはその店で過ごす時間が楽しくてたまらなかった。今日も先ほどから一時間も、とっかえひっかえ試してみている。一つ着けて見て、どうかしらと迷い、試着室を出てほかのを選んできて、また着けて見る。その店にはヘアウィッグとヘアピースがいくらでもあり、毎日でもここにきて午後を過ごしたいくらいだった。

その女アレックス(ピエール・ルメートル)

本書のスタートは、主人公アレックスの何気ない日常から始まります。
何の変哲もない、普通の女の子。
そんな印象を抱くことの書き出し。

この書き出しが、何を意味するのかを知るのは、物語を読み進めてからの話になるのですが。

ネタバレがあったらごめんなさい

どんでん返し

この小説、かなりのヒットだったようです。
それを呼び込んだのは、このはじめの一行だったか、と言えばそんなことはないと思います。
きっと、口コミで広がってきたんでしょうね。

口コミで広がる過程で、どんでん返しがある事は伝えても、その内容は伝えない。
だから、口コミを受ける人にとっては、隠された内容が知りたい。
ということで、ついつい買って読んでしまう。
そんな背景があったのかもしれません。

どんでん返しは予想できなければできないほど、あり得ない話であればあるほどインパクトを生むようです。
そのインパクトがどれだけあるかが、こういった小説の一つのだいご味なのかもしれません。

そうすると、結末を予想させない前半が必要となります。
ある意味正反対の日常を描くことで、どんでん返しへのギャップを作り出すのかもしれません。

この本については、これ以上は語りません。
良かったら読んでみてください。


この本のご購入はコチラ




幽霊人命救助隊前のページ

持続可能な資本主義次のページ

ピックアップ記事

  1. 残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  2. 成長マインドセット
  3. ある犬のおはなし
  4. 脳は「ものの見方」で進化する
  5. はじめに

関連記事

  1. 小説

    記憶屋Ⅲ

    はじめの一行新たな物語の始まり本書は、前作『記…

  2. 小説

    レインツリーの国

    はじめの一行1.直接会うのが駄目やったら、せめて電…

  3. 内藤了

    ON 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

    はじめの一行プロローグその日のことを思いだすと…

  4. ココロ直

    ナユタン星からのアーカイヴ

    はじめの一行風変りいっっぷう変わった小説は、こ…

  5. 小説

    パラレルワールドで待ち合わせ

    はじめの1行プロローグ彼は今、息をしているのだ…

  6. 小説

    水鏡推理5 ニュークリアフュージョン

    はじめの一行1都電荒川線の梶原駅から霞ヶ関駅ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。







  1. 城ノ石ゆかり

    未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する
  2. スピリチュアル

    本当の自分を知る本 不安、迷い、執着から解放され、自由自在に生きるたったひとつの…
  3. 小説

    空飛ぶ広報室
  4. 小説

    パラレルワールド・ラブストーリー
  5. ビジネス書

    世界最先端のマーケティング 顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略
PAGE TOP