過去の記事一覧

  1. 自己啓発

    限りある時間の使い方

    はじめの一行イントロダクション 長い目で見れば、僕たちはみんな死んでいる人の平均寿命は短い。ものすごく、バカみたいに短い。ちょっと考えてみてほしい。…

  2. 小説

    心霊探偵八雲7 魂の行方

    はじめの一行紅葉狩り今から千年以上の昔、現在の長野県に水無瀬という集落があった―――。この地には、ある伝承がある。子どもに恵まれなかったある夫婦…

  3. ノンフィクション

    時間の終わりまで 物質、生命、心と進化する宇宙

    はじめの一行はじめに「僕が数学をやるのは、いったん定理を証明してしまえば、その定理は二度と揺るがないからだ。永遠にね」。シンプルでズバリ核心を突いたその…

  4. ノンフィクション

    心理学×物理学×色彩学の研究でわかった! なるほど「色」の心理学

    はじめの一行はじめに皆様は、「色」についてどんな印象をお持ちでしょうか。おそらく「なんとなく」捉えている程度で、深く考えてみたことはないという人がほ…

  5. ノンフィクション

    マンガでわかる色のおもしろ心理学 青い車は事故が多い? 子供に見せるとよい色とは?

    はじめの一行はじめにもっとおもしろくて、わかりやすい「色彩心理」の本があってもよいだろう。本書はそんな観点から生まれた「色彩心理」の本である。理…

  6. ノンフィクション

    奇想天外な目と光のはなし

    はじめの一行まえがき動物学者でもない私が、なぜ動物たちが見ている視覚世界や目の仕組みについての本を書いたか、疑問に思うことでしょう。私は大学の電気工学科…

  7. ビジネス書

    もし部下が発達障害だったら

    はじめの一行はじめに「おまえ、なぜ何度言っても同じミスを繰り返してばかりなんだ? 発達障害なんじゃないか? 病院に行って調べてもらってこい」これ…

  8. ビジネス書

    失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織

    はじめの一行1 「ありえない失敗」が起きたとき、人はどう反応するか?悲劇の前の静けさ2005年3月29日、父マーティン・ブロミリーは6時15分に…

  9. 小説

    心霊探偵八雲 6 失意の果てに

    はじめの一行プロローグ青々とした月が、冷たい光を放っていた。松谷和則は、胸を圧迫するような息苦しさを感じ、目を覚ました。時計に目をやる。午前二時…

  10. ビジネス書

    おもろい話し方 芸人だけが知っているウケる会話の法則

    はじめの一行はじめに初対面の人と会ったとき、あなたはどんな話をしていますか?いきなり質問してしまい、ごめんなさい!でも、もしあなたが次の…





プロフェッショナルな読者
グッドレビュアー
10作品のレビュー

カテゴリー

  1. 森本康彦

    高次元存在バシャール(ビシャー)からのショートメッセージ
  2. 由佐美加子

    ザ・メンタルモデル ワークブック: 自分を「観る」から始まる生きやすさへのパラダ…
  3. 小説

    水鏡推理6 クロノスタシス
  4. 松岡修造

    弱さをさらけだす勇気
  5. ビジネス書

    世界一シンプルな増客マシーンの作り方 普段のシゴトをしているだけで勝手に顧客がや…
PAGE TOP