小説

  1. フリーター、家を買う。

    はじめの一行1 フリーター、立つ。いつからこんな状態に滑り落ちたのか、武誠治ははっきりと覚えていない。そこそこの高校へ行って、一浪したがそこそこの私…

  2. 出版禁止

    はじめに序このノンフィクション作品と巡り合ったのは、編集プロダクションに勤める友人の一言がきっかけでした。「ーーー今出版界でひそかに話題となっている…

  3. 日本沈没(上)

    はじめの一行第一章 日本海溝1東京駅八重洲口構内は、相変わらずひどく混んでいた。ーーーエアカーテンはあちこちにつけて、構内全体を冷房していたが、…

  4. 整形美女

    はじめの一行序章二十二歳の繭村甲斐子は大曾根ドクトルを追いかけた。あじさいのような色をした綿の着物の、あわせのすきまから乳房がはみ出しそうになるのを、片…

  5. 行動心理捜査官・楯岡絵麻 vs ミステリー作家・佐藤青南

    はじめの一行1まったく、なんでおれがこんなことをーーー。西野圭介は湯が紙コップに落ちる音を聞きながら、内心で独りごちた。あらかじめ紙コップに入れてお…

  6. 警視庁情報官 ハニートラップ

    はじめの一行プロローグ風が吹いた。海風だが湿気は少ない。小さな湾には温かい水が満ち、陽の光が海の底を照らす。狭い砂浜の脇にある岩場の浅瀬にいるのは、おと…

  7. マスカレード・イブ

    はじめの一行1午後六時を過ぎたころから、フロントにやってくる客が増えてきた。ほとんどがビジネスマン風の男性だ。この時間帯にチェックインをする客は概して表…

  8. 三毛猫ホームズの降霊会

    はじめの一行プロローグーーー宴の空白その日は「仏滅」だった。「だからあんなことが起ったんだ」とは無責任な言い方だったが、「仏滅」ゆえに、宴会場フ…

  9. 襲撃犯

    はじめの一行六月二十三日付 東日本新聞朝刊二十一日から日本を訪れていたアムスラー国務次官補は、たった二日という滞在日程の中で、片山総理、梶塚官房長官、防…

  10. ナミヤ雑貨店の奇蹟

    はじめの一行第一章 回答は牛乳箱にあばらやに行こう、と言い出したのは翔太だった。手ごろなあばらやがあるんだ、と。「なんだよ、それ。手ごろなあばらやって」…

  1. ビジネス書

    余命3年 社長の夢 ~「見えない橋」から「見える橋」へ
  2. エリック・バーカー

    残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する
  3. ジャレド・ダイアモンド

    危機と人類(上)(下)
  4. 坂木司

    和菓子のアン
  5. 小説

    クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版 (角川文庫)
PAGE TOP