ノンフィクション

  1. すべては脳で実現している。

    はじめの一行はじめに脳科学の発展は日進月歩。日々目まぐるしく新しいことが報告されています。研究というものは、そうした日々の積み重ねの中から、世界中の…

  2. 「色のふしぎ」と不思議な社会 ――2020年代の「色覚」原論

    はじめの一行はじめに今、あらためて色覚を考える「色」という現象は、とても不思議だ。近代科学の父、アイザック・ニュートンが「光そのものには色は…

  3. 人は見た目が9割

    はじめの一行はじめに私は「さいふうめい」のペンネームで、劇作、漫画原作を仕事としている。また、舞台の演出や俳優教育を長年やってきている。自分が書いた…

  4. 目の見えない人は世界をどう見ているのか

    はじめの一行まえがき人が得る情報の八割から九割は視覚に由来すると言われています。小皿に醤油を差すにも、文字盤の数字を確認するにも、まっすぐ道を歩くにも、…

  5. 運を味方にする 「偶然」の科学

    はじめの一行幸運と荒海これは運に関する本だ。もちろん、運とは何かという解釈が人によって違うのは当然で、”ある人の天井は他の人の床”ということわざがあるよ…

  6. 時間の終わりまで 物質、生命、心と進化する宇宙

    はじめの一行はじめに「僕が数学をやるのは、いったん定理を証明してしまえば、その定理は二度と揺るがないからだ。永遠にね」。シンプルでズバリ核心を突いたその…

  7. 心理学×物理学×色彩学の研究でわかった! なるほど「色」の心理学

    はじめの一行はじめに皆様は、「色」についてどんな印象をお持ちでしょうか。おそらく「なんとなく」捉えている程度で、深く考えてみたことはないという人がほ…

  8. マンガでわかる色のおもしろ心理学 青い車は事故が多い? 子供に見せるとよい色とは?

    はじめの一行はじめにもっとおもしろくて、わかりやすい「色彩心理」の本があってもよいだろう。本書はそんな観点から生まれた「色彩心理」の本である。理…

  9. 奇想天外な目と光のはなし

    はじめの一行まえがき動物学者でもない私が、なぜ動物たちが見ている視覚世界や目の仕組みについての本を書いたか、疑問に思うことでしょう。私は大学の電気工学科…

  10. ブッダの脳: 心と脳を変え人生を変える実践的瞑想の科学

    はじめの一行はじめに本書は心の力を最大限に引き出し、自分の人生や他者との関係を改善するための手引書である。著者のリック・ハンソンとリチャード・メンデ…

  1. ノンフィクション

    時間は存在しない
  2. ノンフィクション

    ビジネスと人生の「見え方」が一変する 生命科学的思考
  3. ビジネス書

    世界一シンプルな増客マシーンの作り方 普段のシゴトをしているだけで勝手に顧客がや…
  4. 小説

    マスカレード・イブ
  5. 小説

    仮面病棟
PAGE TOP