高野和明

  1. 夢のカルテ

    はじめの一行プロローグ夢衣(ゆい)は夢の中にいた。白いドレスを着て、冷たいアスファルトの上を素足で歩いていた。空は低い雲に覆われ…

  2. ジェノサイド

    はじめの一行何気ない日常この小説は、まあ普通の日本の情景からするとあり得ない物語が展開されます。その始まりは意外にも静かで、普通。…

  3. 13階段

    はじめの一行次を読みたくなる1行高野和明さんと言えば、どの小説を見ても、かなりリアリティの高い描写が特徴ではないでしょうか。恐らく本…

  4. グレイヴデッガー

    はじめの一行人と人の関係本書の一行目は、未解決事件というテーマから始まります。小説の面白さの一つは、ストーリーももちろんですし、…

  5. 6時間後に君は死ぬ

    はじめの一行あれっ!?鮮烈なタイトルですが、本文の書き出しは意外なものです。あと六時間--時計を見つめて、原田美緒は思った。…

  6. 幽霊人命救助隊

    はじめの一行ここはどこ?私は誰?断崖絶壁に、高岡裕一はへばりついていた。履き古したスニーカーが、うまい具合に岩壁のくぼみに収まっている。…

  1. 種市勝覺

    ここに気づけば、もうお金には困らない
  2. ビジネス書

    <東京大学の名物ゼミ> 人の気持ちがわかるリーダーになるための教室 単行本
  3. ビジネス書

    アクセル デジタル時代の営業 最強の教科書
  4. ビジネス書

    書く技術──「書いて伝える力」があれば、一生負けない!
  5. 小説

    記憶屋II
PAGE TOP