小説

  1. 虐殺器官〔新版〕

    はじめの一行第一部 1泥に深く穿たれたトラックの轍に、小さな女の子が顔を突っ込んでいるのが見えた。まるでアリスのように、轍の中に…

  2. 復活の日

    はじめの一行プロローグ(一九七三年三月)「ブロー!」艦長のマクラウド大佐がいった。「はい、艦長……」赤毛で獅子ッ鼻のイワン・ミハイロ…

  3. 屍人荘の殺人

    はじめの一行剣崎比留子殿前略そちらは変わらず健勝のことと思う。挨拶は苦手なので早速だが本題に入らせてもらう。先日依頼を頂いた班目…

  4. グラスホッパー

    はじめの一行鈴木街を眺めながら鈴木は、昆虫のことを考えた。夜だというのに街は明るく、騒がしい。派手なネオンや街明かりが照り、どこを眺めて…

  5. 万能鑑定士Qの推理劇IV

    はじめの一行披露宴二十代半ば、長身でスリム。ほのかに褐色に染めた髪は今風に伸ばしていて、細面で鼻が高く、顎も女性のように小さい。ジュノン…

  6. ツインソウル 行動心理捜査官・楯岡絵麻

    はじめの一行1場違いに響き渡る高笑いが不快で、西野圭介は眉根を寄せた。軽く顔をひねり、ちらりと左に視線を滑らせる。背中が見えた。…

  7. プラチナタウン

    はじめの一行第一章「ラーメンからミサイルまで」とは総合商社のビジネスを表す時に用いられる表現としては、随分手垢がついたものだが、売れるも…

  8. 和菓子のアン

    はじめの一行和菓子のアン高校を卒業する前に偶然、街頭インタビューのようなものを受けたことがある。インタビュアーに「将来の夢は?」…

  9. マスカレードホテル

    はじめの一行1電話が鳴った。内線電話だった。十六階のえればーたホールにある館内電話からだ。山岸尚美は、嫌な予感を覚えた。ついさっき、一人…

  10. 万能鑑定士Qの推理劇 III

    はじめの一行千葉鑑定団千葉県内の国道沿いには、倉庫のように巨大なプレハブ平屋建てに”なんでも買います”と看板を掲げた、キッチュで仰々しい…

  1. ひすいこたろう

    前祝いの法則
  2. ひきたよしあき

    博報堂スピーチライターが教える 短くても伝わる文章のコツ
  3. 小説

    クラシックシリーズ6 千里眼 マジシャンの少女 完全版
  4. マンガ

    ダンナさまは幽霊 (コミックエッセイの森)
  5. マンガ

    視えるんです。5
PAGE TOP