小説

  1. 心霊探偵八雲4 守るべき想い

    はじめの一行イントロダクションそぞろ寒い夜のことだった。宮川英也は小高い丘の頂上まで登ったところで、道路脇に車を停めた。ここか。フロントガラ…

  2. 運転者 未来を変える過去からの使者

    はじめの一行プロローグーーー今年は本当に大活躍でしたね。DJの弾んだ低音の声がカーラジオから流れてきた。ーーーありがとうございます。ーーー作…

  3. 心霊探偵八雲3 闇の先にある光

    はじめの一行イントロダクション静かな夜だった。小沢恵子は車を走らせていた。曲がりくねった道。その両側は木々に囲まれていて、街灯は一つもない。真っ…

  4. 心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの

    はじめの一行オープニングたたきつけるような雨の降る夜だった。二月も終わりに近づき、昼間はだいぶ暖かくなってきたとはいえ太陽が沈んでしまえば寒さに…

  5. 天空の蜂

    はじめの一行1午前五時ちょうどに電話は鳴りだした。その約一分前から腕時計と電話機を交互に睨みつけていた『彼』は、一度目のコールサインが終わらないうちに携…

  6. パラレルワールド・ラブストーリー

    はじめの一行序章線路はまったく違うが、二つの電車が同じ方向に、しかも同じ駅に停まりながら進んでいく場合が時折存在する。田端、品川間の山手線と京浜東北線も…

  7. フリーター、家を買う。

    はじめの一行1 フリーター、立つ。いつからこんな状態に滑り落ちたのか、武誠治ははっきりと覚えていない。そこそこの高校へ行って、一浪したがそこそこの私…

  8. 出版禁止

    はじめに序このノンフィクション作品と巡り合ったのは、編集プロダクションに勤める友人の一言がきっかけでした。「ーーー今出版界でひそかに話題となっている…

  9. 日本沈没(上)

    はじめの一行第一章 日本海溝1東京駅八重洲口構内は、相変わらずひどく混んでいた。ーーーエアカーテンはあちこちにつけて、構内全体を冷房していたが、…

  10. 整形美女

    はじめの一行序章二十二歳の繭村甲斐子は大曾根ドクトルを追いかけた。あじさいのような色をした綿の着物の、あわせのすきまから乳房がはみ出しそうになるのを、片…

  1. ボー・ロット

    脳は「ものの見方」で進化する
  2. 自己啓発

    頭を「からっぽ」にするレッスン 10分間瞑想でマインドフルに生きる
  3. ビジネス書

    夢かぎりなく 日本創生への道Ⅱ
  4. 上橋菜穂子

    精霊の守り人
  5. ビジネス書

    あなたの会社が90日で儲かる-―感情マーケティングでお客をつかむ
PAGE TOP