小説

  1. オイディプスの檻 犯罪心理分析班

    はじめの一行プロローグ「ただいま」扉を閉めて鍵をかけると、僕は廊下を小走りに進んだ。走ってきたせいで息が弾み、全身が熱を持ってい…

  2. 万能鑑定士Qの事件簿IX

    はじめの一行忘れ物今年六十二歳になるコヴェントリー生まれのイギリス人、ケネス・アリンガムにとって、日本の新幹線の乗り心地は快適だった。…

  3. バビロンの秘文字(下)

    はじめの一行第二部 追跡(承前)13-------ストックホルム気付いたときには、目の前に明るい黄土色が広がっていた。先ほど突っ…

  4. バビロンの秘文字(上)

    はじめの一行第一部 胎動1---ザーホーアブドゥッラー・ゴバディは、店の前に置いた古いプラスティック製の椅子に腰かけ、ぼんやりと…

  5. 水鏡推理6 クロノスタシス

    はじめの一行1向かいのデスクに、いるべきいない人がいないと意識するたび、葬儀への参列を思いだす。雨の降りしきる午後だった。灰いろの厚い雲…

  6. 廃用身

    はじめの一行まえがき「廃用身」という言葉をご存知でしょうか。介護の現場で使われる医学用語で、脳梗塞などの麻痺で回復の見込みがない手足…

  7. 万能鑑定士Qの事件簿VIII

    はじめの一行台湾のぞみにそっくり、というより、まるで同じに思える車両から抜け出すと、夜の高架ホームはこれまた日本の新幹線の駅にうりふたつ…

  8. クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 下

    はじめの一行戦火昼と夜とではまるで別世界だ、美由紀は篠海家の玄関前に立ちそう思った。街路灯は見当たらず、家屋の窓という窓には雨戸が固くと…

  9. 青い春を数えて

    はじめの一行白線と一歩原稿用紙から文字が泳いで逃げていく。見慣れたはずの明朝体が光の中に消えていく。照射されるスポットライトが私の脳味噌…

  10. クラシックシリーズ8 ヘーメラーの千里眼 完全版 上

    はじめの一行遠雷八月の炎天下の日、雲ひとつない青空がひろがっていた。七十を過ぎると、日射もたいして応えなくなる。見渡すかぎりの広大な…

  1. 小説

    水鏡推理4 アノマリー
  2. ビジネス書

    頭の中を「言葉」にしてうまく伝える。
  3. かん吉

    ブログ起業: 10年9割廃業時代を生き抜くブログ×ビジネス戦略 Kindle版
  4. ビジネス書

    なぜ人と組織は変われないのか ― ハーバード流 自己変革の理論と実践
  5. カワノアユミ

    底辺キャバ嬢、アジアでナンバー1になる
PAGE TOP